オーガニックカラーをオススメするわけ 【ラシェンテヴィラロドラカラー】

organic color

年齢とともに感じる 髪や頭皮への違和感・・・。

 

以前はそんなことなかったのに・・・。

カラー後のかゆみが・・・  【ヴィラロドラカラー】

頭皮の違和感を最近感じるようになった。

今までこんなことなかったのに・・・。カラー後ムズムズ

頭皮が痒くなったり、ヒリヒリするような・・・・。

アレルギーとまでいかないけどなんか頭皮に違和感を感じるようになった。

*そんな方にヴィラロドラオーガニックカラーがオススメです。

髪が細くなってきたような・・・  【ヴィラロドラカラー】

昔はもっとボリュームがあって髪がしっかりしてたような

昔より量が減って扱いやすくなったけど、このまま減り続けたら

どうなるの・・・? 髪が細くなってなんだかすぐにパサついたり

枝毛ができたりするようになった。

*そんな方にヴィラロドラオーガニックカラーがオススメです。

白髪が日に日に増えてない・・・?  【ヴィラロドラカラー】

はじめは1本2本って数えてた白髪が今じゃ数えられない数に

気づいたらと言うよりも日に日に増えているような気がする・・・。

そしてなんだか頭皮のベタつきや白髪のギラつきもきになるようになった。

*そんな方にヴィラロドラオーガニックカラーがオススメです。

今までと一緒じゃいけない!

髪や頭皮に来る違和感は一般的にはエイジングケアで改善していく

ことが多いですが、そもそもなぜ?髪は痩せ細り、白髪が増えて、

頭皮の違和感を覚えるのか・・・?

まぁ年齢とともに訪れる老化と言ってしまえばそれまでなんですが

体は元気でそんなに衰えを感じないのに・・・。って人は

体が出しているサインだと思って察知しないといけないかもしれませんね。

 

というのも髪の毛ってそもそも黒じゃないといけないですか?

わざわざ白い髪にメラニンの生成を行って頑張って黒くしなくても

人類みな白髪でも問題ないわけなんです・・・。

そこがポイントで要は人間の生命力がだんだん弱くなってくると

必要のないものからエネルギーを使われなくなるって話で

残り10%のパワーでわざわざ髪の毛黒くしますか?

とまで言うと極端ですが。人間の体はそんな風にできてます。

だからそんなサインが出た時に何をしますか?

今まで通りで大丈夫じゃないんですよという話になってきます。

そんな時、安心安全なものに目が行くのは当然の事で

ヴィラロドラオーガニックカラーをオススメしているのは

そんな変化にマッチすると思っているからです。

 

オーガニックカラーとヘナカラーの違いは?

  

ここでよく比べられる2つの違いをお伝えしておきます。

そもそもどっちがいいの?カラー剤もヘナカラーも意外に勘違いされている

部分が多く、オーガニックカラーを勧められた人はヘナカラーの悪口を聞かされ

ヘナカラーを勧められた人はカラーなんてもってのほか!って聞かされて

なかなかその誤解を解くのは難しい・・・。

オーガニックカラー
  1. 白髪も黒髪も染めることができる
  2. カラーのバリエーションが豊富
  3. 暗めのトーンから自然に明るい位のトーンに強い
  4. ジアミンは入っているので100%安全なわけではない
  5. 92%の天然成分なので刺激が弱い&嫌な刺激臭も弱い
  6. カラー後のきしみは弱く、艶やかに仕上がる

 

ヘナカラー
  1. 白髪のみ発色
  2. 黒髪はさらに黒くなる
  3. 1度染めるとカラーチェンジが難しい
  4. 色味のバリエーションが狭い
  5. 刺激のもとになる「ジアミン」を省いたヘナはオレンジしかならない
  6. ただし「ジアミン」を入れたヘナはブラウンやブラックなどは可能
  7. 塗り終わった後のきしみがある(人によってはハリコシになる場合も)

ヘナも植物アレルギーをお持ちの方はできない場合もある

*(ヘナも最近はすごく良くなっていて仕上がりも等級によって違う)

オーガニックカラーがいいと思うわけ

 

先に言っておきますがラシェンテでもヘナカラーは取り扱いがあります。

最高等級のものだけ扱っています。ヘナも需要はあるし最高等級にも

なると本当に手触りも質感も違います。要はほとんど好みだと思います。

ただヴィラロドラオーガニックカラーがいいと思う訳というのをここから

説明していきます!

年齢とともに感じる髪や頭皮の違和感 【ヴィラロドラカラー】

 

 

冒頭で述べたこの話題、ここがポイントなんです。

①カラー後のかゆみ に関してはオーガニックカラーもヘナカラーも

どちらも問題点はクリアできるポテンシャルは持ってます。アレルギーに対して

どちらも文句なしにほぼ安全だと言えます。

②髪が細くなってきた に関してはどちらも原因となる要素はありません。

オーガニックだからとかヘナだから細くなった!なんてことはないんですが

大きなポイントとしてアプローチの場所が違うことが大きく関わってきます。

まず、ヘナカラーはマニュキアと同じように髪の表面をコーティングする

アプローチの仕方ですがカラー剤は髪の中に浸透するアプローチです。

髪が細くなった髪は髪の中がスカスカの空洞の状態。そこにカラー剤が

入ることで空洞が埋まり髪の中がぎっしりパンパンに。

1年通してイメージしてみてください・・・。

1ヶ月に1回で想定してイメージしてみてください。

ヘナカラーの方は1ヶ月に一度コーティングします。

毎月コーティングするので見た目は常にピカピカ綺麗が保てます。

ですが1ヶ月2ヶ月3ヶ月髪の中身は常に空洞化が進みやせ細っていきます。

一方オーガニックカラーはというと、毎回髪の中に染料が入って

髪の中は満たされます。1ヶ月2ヶ月3ヶ月経っても

髪の中は同じ。そして天然成分のオーガニックカラーは自己修復能力が

あるので使い続けることで髪が元気を取り戻していきます。

1年後 髪の違いは歴然です。

トリートメントを行うという手も

ここでヘナカラーをフォローしておくと髪の内部に届く

トリートメントを毎月行って髪の空洞化を防いではどうなのか?

答えはYESです。 日を変えてトリートメントでケアしてあげれば

ヘナカラーでも綺麗な状態が保てます。 ただヘナカラー愛好者の

勘違いはヘナカラーしてるからトリートメントしなくても髪が痛んでないから

大丈夫!と思ってしまっているところだと思います。

日に日に増える白髪にはどうなの?

どうなの?って話ですが。白髪が増える原因としては

オーガニックカラーを使ってもヘナカラーを使っても白髪が増える!!

なんてことは根拠は一つもないです。

ただ白髪の特徴として、【硬い・ギラギラしてる・強い】と思ったことないですか?

メラニンが作られない分髪自体がすくすく育つてしまって太くなったりします。

そして空洞化が進むと弾力やしなやかさがないのでパリッとした髪の

硬さだけが気になってしまいます。そして空洞化は乾燥を意味してその乾燥を

補うために油分をたくさん出してぎらつかせます。

本当人間の体って精密にできてますよね。

だからヴィラロドラオーガニックカラーをお勧めする理由は

その白髪の特徴をカバーできる

アプローチだからなんです。 空洞化の痩せ細りを抑えて

弾力のあるしなやかな髪にしてくれます。髪の内部が満たされると余分な

油分でギラつくこともないと思います。

まとめ

世の中にはいろんな情報がありすぎて何が本当で何が正解なのか?

そんな状態だと思います。正解も一つじゃなくて沢山の選択肢の中から

選び出す正解もあるかもしれません。

私もヘナカラーもオーガニックカラーも正解だと思ってます。

どんなアプローチの仕方で悩みを解決するか

どんな段階を踏んで改善していくか

それは美容のプロだから相談できることがたくさんあると思っています。

その判断が正しいのかどうか? 気軽に相談してみるのも

いいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

コメント