眉の描き方 3つのNGポイント 【残念老け眉現象】

Make Up

眉の描き方次第で−5に歳も+5歳にもなってしまう。

普段何気なく描いているその眉毛、実は+5歳になってませんか?

眉毛は顔のパーツの中でもとても重要な部分です。

顔の印象をガラッと変えてしまうのはもちろん、実は

知らず知らずのうちに5歳も老けて見えてしまっている!なんてことも・・・。

今回はそんな眉毛の恐ろしいNGポイントを3つだけ

ご紹介します!こんな眉は描かないで!そんな内容です。

 

NG 1   老けを加速させる、困り眉

年齢とともに肌のたるみなど悩みは尽きません、

化粧品やマッサージなどで常にリフトアップを心がけて

生活されている方は多いと思います。

そこでも重要なポイントとして眉の形はとても重要で

下がったバランスの悪い眉は輪郭もふっくら見せてしまったり

肌をたるませて見せてしまいます。

 

  NG

目元は誰もが目線が行く部分、そんな近くにある眉毛は

目のつきやすい(自然と視界に入る)場所でそんな部分が垂れ下がっていたら

目線はそのまま 眉頭 眉山 眉尻 とくだりの放物線を描き

下へ下へとバランスを崩していきます。

 NG

   OK

左右の描き方の違いがわかりますか?

下がり気味の困り眉は、眉頭の描き始めから

だんだん緩やかにそのまま下がって描いてしまっています。

なぜこうなってしまうのか?

それは眉山の位置に問題があって、眉山を眉頭より低い位置で

描いてしまっているからなんです。

正しい眉の描き方は、眉山は眉頭より高い位置にあるのがベストです。

  NG

  OK

  NG

  OK

眉山の位置に気をつけて描いてみてください!

NG 2  顔をたるませる、 おさぼり眉

 NG

眉下の毛を除去していないおさぼり眉はNGです。

ナチュラルな眉を目指す!!と言ってほったらかしの

おさぼり眉は眉山〜眉尻にかけてが重たく、垂れ下がって

見えてしまい顔全体の印象もだらしなく下がって見えてしまいます。

  NG

  OK

 NG

 OK

ナチュラルな自然派眉であってもある程度の

ケアは必要です。特に眉下の不必要なムダ毛は

必ず処理したあげることをお勧めします!

 

NG 3 弱々しい印象にしてしまう、存在薄眉

 NG

   NG

   OK

このへんはもう一目瞭然ですよね。

描かないと眉が無い!って人も多いと思いますが

眉の濃さはとっても大事で適度な濃さは意志の強さも

感じられます。逆に淡く弱々しい眉は不安な印象を与えます。

ほったらかしの困り眉で存在感が薄い眉なんて・・・

NGのトリプルスリーなんて本当いますぐなんとかしてください。

NG① 困り眉なんて

眉山をほんの少し意識するだけでなんとかなります。

眉頭より高い位置 眉頭より高い位置。

それだけで下がらない!

NG② おさぼり眉

これはズバリ!

サボらないでください!美意識を高く持つ努力ですね。

あんまりおさぼりが続くと

そのうち眉頭が繋がってしまいますよ・・・。

NG③ 存在薄 眉

眉にもう少し愛着を持ってください・・・。

存在感の薄い眉の人はあまり自分の眉に執着がない人

そして併発してしまうのが 存在感が薄くて ボサボサおさぼり眉

これは間違い無く 老ける。と同時に古臭い印象を与えてしまいます。

 

眉のお手入れの周期や方法

自分ではどうしてもなかなか綺麗にできない!

そんな人はお任せください。 ラシェンテでは眉カットを

なんと1080円(税込)で行っております。

化粧品売り場ではカットはできない

これも当然の話ですが美容に携わるお仕事の中では

できることできないことがいろいろあります。

美容師免許ではカットはできても顔剃りはできない!とか

美容部員さんは眉を描くことができてもカットはできないとか

厳密に言うとハサミを扱う時点で美容師免許、理容師免許が必要です。

だから眉カットは美容室や専門の眉カットサロンに行く必要があります。

そしてさらには毛抜きは実は医師免許が必要なんですね。

美容業界は複雑ですね。

ということでラシェンテにお越しいただければ

眉を整えて綺麗になって帰っていただけます。

眉カットの周期について

1ヶ月!と言いたいところですが・・・。

そんなに持たないのが本音です。意外と眉ってすぐに生えてきちゃいますよね。

だから眉カット後のキープがとても重要。

当然ですがカットして整えた部分とそうじゃない部分とでは

長さに違いがあるので、整えた部分が少し生えてきたら

形が崩れる前に自分でも少し整える訓練をしましょう!

そしてどうにもならない!もうお手上げ!お願いします!

そんな時いつでもお越しください。

他にも眉カットの記事

https://la-origine.com/?p=559

理想の眉の形について書いた記事です。

 

https://la-origine.com/?p=497

綺麗に見せる眉の描き方の記事です。

 

https://la-origine.com/?p=702

理想の眉の形は?という記事です。

まとめ

美容室にお越しの際にカットやカラーのついでと

思われがちな眉カットメニューですが、

実際は眉カットだけで来店される方も多くおられます。

初めはみなさん眉カットだけなんて申し訳ないー。

なんて言いながら来られてましたが、今では生活の一部

ルーティーンのようになっている方もおられます。

気にせずご相談ください。いつでもお待ちしております。

 

コメント