眉カットの後 眉を綺麗に描く方法

Make Up

 

眉カットで綺麗に整った眉でも案外自分ではうまく描けない!そんな今回は

眉メイクのお悩みで最も多い、左右対称に描けないという悩み。

いくら自然に描くテクニックを習得しても、眉がちぐはぐ非対称なだけで

顔全体のバランスが悪く見えてしまう可能性も…。

そこで左右対称に描くコツを伝授します!

 

眉頭の高さ、距離、角度をチェック

 

眉を描く際にまずチェックしたいのが、眉頭。

左右の眉頭が揃っているとそれだけで左右のバランスが良く見えます。

逆に左右の眉頭の高さや形がチグハグだと、

他の部分がどれだけ合っていてもバランスが悪く見えてしまうんです!

ペンシルとかで鼻先の真ん中ぐらいからまっすぐ立てて見てみたら

以外とわかりやすいです。

同じように片方の眉頭の上にペンシルを合わせて高さが合ってるか

チェックしてみてください。

 

眉頭のチェックポイントは以下3つ。

・左右の眉頭の高さが合っているか
・中心からの距離が同じか
・左右の眉頭の角度が同じか

上記3つを確認し、異なっている場合は不要な部分を眉カットしたり、

逆に足りない部分はアイブロウパウダーですこしずつ描き足して

調整すると綺麗に仕上がります。

眉山には目印をつけて描いてみる

次にチェックすべきは眉山の位置です。眉山の位置が左右でズレていると、

左右の眉の長さが変わってきてしまいます。

眉山は「なんとなく」の位置ではなく、

より具体的に位置を決めた方が仕上がりも綺麗です。

例えば先にどちらかの眉を描いてから、「黒目と目尻の間」「目尻の真上」など、

具体的な位置を把握し、もう片方も眉山を同じ位置に持っていくなど、

左右が対称になるよう慎重に描いていくようにしましょう!

これも最初に場所を決めてしまって目印をつけておくと以外に楽だったりします。

 

 

 

眉頭・眉山の位置を合わせるだけで十分左右の眉をバランスよく

見せることができます。

また、描き進める際に「右の眉山~眉尻を描いたら、左も同じところまで描く…」

など左右同じような流れで描くこともポイントです。

もともと左右の位置が違ったりした場合もなるべく合わせるように

意識して書くことが重要!全く一緒じゃなくてもOKです!

 

前から見ると完璧!でも横からから見ると…

眉尻は、眉山から斜め下に向かって描くと自然に仕上がる。

しかし、眉尻が外ハネのようになっているひとを結構見かけます。

顔は平面ではなく立体のため、正面から見て普通に描けていても、

実は横から見ると外ハネのように仕上がってしまうこともあったりします。

特に最近は外人のような顔立ちの人も増えてきているので大切です。

平たい顔族ならそんな心配ないんですが。笑

 

自分では眉尻をバッチリ描いたつもりでも、このような落とし穴もあるから

注意したいところです。眉メイクをした後は必ず鏡で横顔もチェック。

眉尻の角度を調整するのを、眉メイクをするうえで習慣づけてみてください。

横顔をみたときの眉尻のせいで、残念眉になってしまうのはもったいないです。

これからは、正面を向いて描いたら、必ず横顔のチェックも

忘れずにしてみてください。

 

第一印象がとても大切だから

ひとの印象は出会って3~6秒で決まるといわれています。

その第一印象で「なんか怖そう」「気が強そう」と思われがちなあなたは、

その眉毛の形に原因があるかもしれません。

不機嫌な表情をするさまを「眉間にシワを寄せる」と言いますが。

眉間にシワを寄せると、左右の眉頭同士が近づきます。

つまり、左右の眉頭同士を近く描くと、眉間にシワを寄せたときのような

険しい表情になってしまう。眉頭は、小鼻のくぼみの真上が基本の位置。

不要な毛はカットして、眉頭がこれよりも極端に内側にならないようにしてみて。

垂直になった眉頭は、きつい顔に見せてしまう原因。

眉頭は鼻筋とつながるように斜めにするのが理想的です。

 

 

直線的な眉を描く場合は、60~80度を目安にすると良いと思います。

眉の角度が急すぎる吊り上がった自眉のひとは、

ペンシルやパウダーで眉下山と眉上頭を描き足してみてください。

2ヶ所描き足すだけで眉の角度が緩和される

印象をアップさせるには、「近すぎる眉頭」「直角な眉頭」「角度が急な眉」に

注意。この3つに気を付けて、初対面で印象がいい女性をめざしましょう!

 

まずは眉カットでベースを整えてもらいましょう!

描くといってもベースがガタガタだとどうしても・・・・。

まずは眉カットでベースを整えてからチャレンジしてみましょう!

いつまでも続く美眉を目指して!

ここからは眉カットをサロンで行われる方のメリットを

ご紹介していきます。

 

メリット1. 待ち時間を利用して施術が可能

 

当然のことながら美容室ではカットの他にカラーやパーマといった

待ち時間を要するメニューが多く存在します。

わざわざ眉カットサロンへ足を運ぶ必要もなく、はたまた

化粧品売り場で物販の押し売りを断る紛らわしさもなく

カラーやパーマの待ち時間を利用して施術が可能。

眉カットは時間にしてわずか10分〜15分 その後ドリンクを飲む時間や

雑誌に目を通す時間も十分にあります。

 

メリット2. ヘアスタイルに合わせてイメージを変えられる

 

眉ひとつでイメージは大きく変わります。もちろん美容室で

ヘアスタイルを変えた際に「あれ?眉の色あってるかな?」とか

「眉毛濃くないですか?」とか感じたことはないですか?

基本的には髪の明るさよりワントーン程明るめに眉毛の色は合わせるのが

一番馴染みやすいとされています。美容室でヘアカラーをした際には

髪色に合わせて眉カットの際には合わせて色合わせも行います。

アッシュ系にした際は少し柔らかいトーンの眉色を

レッド系にした際には少し赤味を足して眉色を合わせていきます。

ほんの少しの変化でもイメージがガラッと変わるのが眉です。

 

メリット3. 眉カットだけの来店もウェルカム

 

美容室は髪を切るところ、髪を染めるところ!そんな風に思われている

お客様は大変多いです。最近ではヘッドスパやトリートメントだけをしにくる

お客様も増えてはいますが、なかなか眉カットだけで行くのはちょっと・・・。

と思われている方も多いハズ。

そんなことは全然ありません。眉カットやメイク、ヘアスタイリングだけで

来られるお客様はたくさんいます!

眉カットだけでさっと美容室によって10分〜15分でささっと帰る、

とても便利でお得だと思いませんか?

 

メリット4. メイクのアドバイスも行える

 

眉カット専門というわけではないので、本来メイクアップアーティストは

メイクアップ全般に精通しています。お肌のトラブル、メイクのアドバイスなど

お悩みやお困りはお気軽にご相談ください!

眉カット同様、カラーやパーマの待ち時間にメイクアドバイスを行うことも

可能です。眉カットで綺麗になったらついでにメイクもお願いされたり。

 

メリット5. 来店サイクルに合わせていい状態をキープ

 

カットはだいたい1ヶ月半〜2ヶ月

カラーだと早い人で3週間で来られる方も多いですが、

眉カットもだいたい1ヶ月がベストの目安です。

1ヶ月経つとだんだん産毛も伸びてきて新しい毛が生えて形が

崩れてきてしまいます。美容室に行くタイミングで一緒に眉カットも!

常に髪も眉もいい状態をキープして綺麗に保ってください。

 

デメリット. はっきり言ってありません!

 

はっきり言ってありません!まぁたまたま眉カットをお願いしたら

手の空いてるシロートが担当したとか?そんな失敗談はよく聞きますが

ちゃんとしたヘアメイクアップアーティストが在籍している限り

そのような間違いはないです。どうしても一つだけ搾り出して

デメリットあげるとすれば・・・。

眉カットはアートメイクのサロンとは違うので元々の眉の形を生かしながら

整えていきます。必然と眉毛がない場合やすでにアート眉が入っている場合

手の施しようがない場合が稀にあります。

その場合でもアドバイスなどは可能ですが、眉カットしに来たのに

眉カットできずにお帰りにならざるおえないことはあるかもしれませんね。

 

まとめ

この度またフランスパリで仕事行ってきました。

今回は着物の和装メイクをしてきました。

収穫としては・・・。リップラインが得意に加わりました。笑

リップってとても難しく綺麗に見せるコツがいっぱいあって

奥が深いなと実感して帰ってきました。

眉カットのついでにリップもいかがですか?笑

コメント